校章

飯田市立下久堅小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2603 飯田市下久堅知久平940-1 TEL 0265-29-8003 FAX 0265-29-8124
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2017 年 3 月 のアーカイブ

卒業生34名の巣立ち<卒業証書授与式>

3月14日(木)

在校生・教職員をはじめ多数のご来賓・保護者をお迎えし、平成28年度卒業証書授与式を行い、大勢の人々に祝福されながら6年生34名が卒業しました。厳粛な雰囲気の式場の中、大きな拍手に迎えられ主役の卒業生が緊張して入場しました。校長から手渡された証書授与は、自分で漉いた「ひさかた和紙」で製作した世界で唯一の自分の卒業証書です。威勢のよい返事をして登壇し、どの子も職印が押された自分の卒業証書を眺めては、少し恥ずかしそうにしていましたが堂々とした態度で証書を受け取り、会場の在校生や保護者に見せていました。式辞では、椋鳩十先生の動物たちが厳しい自然界でたくましく生きている姿に心打たれ動物を題材にした小説家になったことを紹介し、椋先生の「力いっぱい今を生きる」という言葉を贈りました。卒業式の歌は、「Yell(全校)」「ありがとうの歌(1,2年)」「きみとぼくのラララ(3,4,5年)」「旅立ちの日に(6年)」と歌い継がれ、最後の別れをかみしめひとときを過ごしました。全校で創り上げた、感動的な卒業式となりました。

<卒業証書授与式>


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<離任式>

平成28年度末の人事異動で、6名の先生方が転任されます。全校で校歌を歌いお別れしました。※詳細は学校だよりをご覧ください。


 

 

 

ページの先頭にもどる

終わりよければ全てよし<3学期終業式>

3月14日(火)

3学期が始まって今日で47日目に終業式を行いました。学年発表は、1年生の貫戸蛍花さん、内山心さん、昆野伊織さん、宮脇葵さん、神谷柚羽さんの5名と4年生は代表の福与らんさんが、3学期の学習の様子や成長したことや進級する上での目標を発表してくれました。校長からは、3学期の活発な児童会活動、ひさかた和紙の紙漉き体験、学習発表、スキー・スノーボード・そり教室などの思い出と3学期の成長の様子を振り返りました。さらに、今年度しっかりと取り組んでほしい「あいさつ」「そうじ」「家庭学習」の3つの取り組みについて全校で反省し全体的に75点ほどの達成感でした。最後に、友だちと仲良くするために「ヤマアラシのジレンマ」のお話をして友との距離感について話しました。いよいよ明日は、卒業式です。

<3学期終業式の様子>


 

 

 

 

ページの先頭にもどる

すばらしいひととき<6年生を送る会>

3月10日(金)

新児童会役員による「6年生を送る会」が行われました。6年生との別れを惜しみつつ,6年生に「ありがとう」の気持ちを持って、6年生を送る会を存分に楽しむことができました。6年生を送る会の成功は、明日からの下久堅小学校のさらなる成長への証となりました。すばらしいひとときを創り出してくれた子どもたちです。この会を通して、6年生は1年から5年生までの友だちが心から学校をリードしてくれたことに感謝していることが分かったのではないでしょうか。「全校が気づき、助け合う 仲のよい 下久堅小」を創り上げてきた成果が、今日の「6年生を送る会」に結びつき、しっかりと5年生に受け継がれました。6年生も下久堅小学校で生活した6年間で,いろいろな思い出を作ってくれたと思いますが、その思い出の1ページに,今日の「6年生を送る会」も入れてくれたらいいなーと感じました。今日の思い出をいつまでも忘れないで、卒業しても小学校のお友達の素敵なお兄さん,お姉さんでいて欲しいです。

<6年生を送る会の様子>


ページの先頭にもどる

受け継ぐ伝統<金管バンド部>

3月9日(木)

3年生の部員が加わった、新生金管バンド部が発足して2ヶ月が経ちました。来週の卒業式を前に6年生が3年生へ個別指導をしながらの練習に熱が入っています。新しい金管バンド部員よる演奏発表は、4月2日(日)に行われる「下久堅さくら祭り」です。3年生も6年生のていねいな指導の寄り、ずいぶんと音が出るようになり自信を持って演奏できるようになっています。

<練習風景>


ページの先頭にもどる

心通わす6年生<竜東デイサービス交流>

3月7日(火)

6年明組が、今年度最後の竜東デイサービス交流に行きました。交流の始めに3曲の歌を披露すると、お年寄りから温かな拍手を贈ってくださいました。その度に、子どもたちは笑顔で応えながら精一杯歌っていました。その後は、個々でふれあう時間にして「自己紹介」をはじめとして様々な話題を話したり、肩もみなどして交流しました。さすが6年生ともなると、進んでお年寄りに話しかけたり、優しく肩もみしたりして差し上げることができ、あっという間に時間が過ぎていきました。お別れの会では、竜東デイサービスから卒業する6年生にすてきなプレゼントをいただきました。平澤優子所長さんからは、「心を一つに」しながら学校をリードして取り組んできた6年生の姿勢を、これからも大切にしてほしいと中学進学に対しての激励をいただきました。さらに、お年寄りの代表から、「しっかり勉強に励んでほしい」と人生の大先輩の温かなお話もいただきました。いよいよ、来週は卒業式を迎える6年生の思い出深い活動になりました。

<活動の様子>


ページの先頭にもどる

保育園からのプレゼント<5年生との交流>

3月6日(月)

保育園の年長のみなさん(来入児)が、5年生が収穫し届けたお米(もち米)のお礼にとプレゼントを届けに来校しました。プレゼントは、心を込めて作られた手作りのハート型のカードです。可愛らしい年長の子どもたちのプレゼントに笑顔で応える5年生でした。交流会の後は、入学する学校の中を少し探検してから保育園に戻っていきました。温かい気持ちを届けてくれた年長さんのみなさんでした。ありがとうございました。

<交流会の様子>

ページの先頭にもどる

ケビン先生とのお別れ会<ELT>

3月3日(金)

ELTのケビン・エリクソン先生には、約4年半の間下久堅小学校の全校児童の外国語活動の指導に携わり外国や英語に興味関心を高めてくだいました。
ケビン先生の子どもたちへの外国語活動指導に対する熱意と真面目さは、誰に対しても相手を温かく理解しようと努める人柄から感じられます。異国の日本特有の学校生活や地域文化を積極的に理解しながら、児童理解に努め接している様子から常に感じました。
授業は、ケビン先生の持ち前の明るい語り口調で子どもたちに語りかけてくれました。いつも、様々なゲームを考えたり、自作のオリジナル教材や資料を活かしたりしながら、子どもたちの意欲をかき立てる指導に徹してくれました。また、ハロウィンやクリスマスなどの様々な外国と日本の行事の様子の違いを紹介してくれ、多くの子どもたちが異文化にふれる機会となり外国語活動の時間を楽しみにしていました。そんなケビン先生と毎回どの子にもハイタッチを交わして接し、休み時間も進んで子どもたちの中に入って遊んだり話し込んだりしてコミュニケーションをとってくれました。さらに、給食も各学級を回って子どもたちの様子を理解しながら一緒に食べたり、清掃時間には子どもたちと一緒に清掃したりして、共に活動することを通して本校の子ども教職員と関わろうとしてくれました。ケビン先生、本当にありがとうございました。

Thank you very much.   Take care

<お別れの会の様子>


 

ページの先頭にもどる

自信に満ちた発表<2年学習発表>

3月2日(木)

2年明組が、全校集会の学習発表の時間に1年間の学習の様子を発表しました。一人一人が大きな声で堂々と発表する姿に、聞いている私たちは圧倒されっぱなしでした。それもそのはず、発表の始めから「私たちは、発表のためにたくさん練習をしてきました」と自信に満ちたあいさつから、普段の子どもたちの発表の雰囲気とは違いました。国語「お手紙」の寸劇、算数「二桁の計算」、乗り物遠足の様子の発表、生活科の探検の様子と本当に盛りだくさんの発表をしてくれました。関連する問題やクイズを出してくれたので聞いている子どもたちも楽しく発表に参加していました。2年生は、3年生になるんだという自負心をみなぎらせた発表をしてくれました。

<発表の様子>


ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->