校章

飯田市立下久堅小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2603 飯田市下久堅知久平940-1 TEL 0265-29-8003 FAX 0265-29-8124
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2017 年 9 月 のアーカイブ

自分の命は自分で守る<第2回交通安全教室>

9月28日(木)

下久堅駐在所の高尾さん、交通安全委員会の関口さんと宮内さん、安全ボランティアの安田さんを講師にお招きし、第2回交通安全教室を開きました。安田順一さんから今回も「自分の命は自分で守る」と書かれたポスターをプレゼントしていただきされました。(昇降口に展示)

今回の交通安全教室の内容は、日頃の子どもたちの登下校の様子から注意すべき点をお話ししていただき、さらにビデオを通して安全な道路歩行のあり方を学びました。リニア中央新幹線工事や稲葉クリーンセンターの稼働に伴い、ダンプやトラックの通行量の増加を踏まえて注意すべき点。下久堅の狭い道路状況から注意すべき点。道路の斜め横断禁止、急な飛び出し注意、道路を横に並んで歩かない等、下久堅地区で特に注意すべきことについて指摘を受けました。

現在、毎朝PTAの方々による街頭指導が行われてます。交通安全教室を活かして安全な登下校となることを願っています。

<交通安全教室の様子>

ページの先頭にもどる

豊作の手応え(5年明組稲刈り)

9月26日(月)

運動会を無事終えてホッとしたのもつかの間、学校田の稲穂が頭を垂れて稲刈りを待っていました。春の田植えからずっとお世話になっている子丑会のみなさんと保護者の皆様の協力を得て、5年明組が稲刈りをしました。今年から郵便局横の休耕田をお借りして米づくりをおこなってきました。休耕田は土地稲刈りをしました。さすがに、元気な子どもたちも時間内に刈り取ることができなかったため、コンバインの力を頼ってようやく稲刈りが終了しました。「稲刈りはは初めて!」「いつも機械でやっているから、手で刈り取るのはおもしろい」「はざかけなんて家ではやったことがないよ」と初めての稲刈り体験を楽しんでいました。

今年も、子丑会のみなさんがしっかりと協力し子どもたちと指導したり助けてくださり、無事たくさんの稲を刈り取ることができました。「感謝、感謝」の一言です!

<稲刈りの様子>

ページの先頭にもどる

最後まであきらめず全力でやりとげた子どもたち<運動会>

9月23日(土)秋分の日

秋分の日、下久堅には秋空が広がり好天に恵まれた中で運動会を行うことができました。今年も、前日の準備段階で夜間に降雨が予想されたため万国旗や採点版の設置を見送ったため、PTAの方々に早朝よりお手伝いをいただいて運動会の準備を行いました。子どもたちが登校する頃には青空が広がり、校庭のコンディションも最高となりました。

運動会には、市議会議員の小林さんやまちづくり委員会平沢会長をはじめ、数多くの地域の方々がご来賓としてお越しくださり、子どもたちの躍動する姿を応援してくださいました。また、飯田養護学校3年の渡邊青空さんも3年生の子どもたちと一緒に参加してくれ、大変盛り上がる運動会になりました。今年の運動会スローガンは、「最後まであきらめず、全力でやりとげよう」です。校長からは、このスローガンを達成するために「今の力を全力を出す」「友だちと協力して運動会を創り出す」「みんなで運動会に参加し学び合う」ことをして、素晴らしい運動会にしてほしいと励ましました。

運動会種目でみせる子どもたちの姿には、最後まであきらめず全力を出し切る姿が輝いていました。かけっこや短距離走では、ゴールテープを切るまで着順が分からないレースばかりでした。得点種目では、全校が紅白でまとまり応援団を中心に一体となって大きな声で応援していました。さらに、表現ダンスや組体操では練習の成果を見事に出して満面の笑みを浮かべる子どもたちの姿がみられました。こうして、子どもたちが4月以来この半年で成長してきた姿をみながら、保護者の方々からも温かな声援を送ってくださっていました。紅白の対決は、接戦に次ぐ接戦で白21点、赤20点で3年ぶりに白が優勝しました。この結果を聞いても、子どもたちは運動会をやりとげ誇らしげにしている姿が大変に印象に残る運動会でした。

最後に、運動会で活躍した子どもたちへのご褒美として齋藤農園さんより一人一個「二十世紀梨」をプレゼントされました。齋藤農園さんには、毎年子どもたちへの心づくしをいただいており感謝いたします。ありがとうございました。

<運動会ダイジェスト>

*快晴の下、元気に入場行進

 

 

 

 

 

 

*紅白の元気な応援とEXダンス

 

 

 

 

 

 

*最後まで全力で走り切る子どもたち

 

 

 

 

 

 

*3・4年ダンス<エイサー「夏至南風」

 

 

 

 

 

 

*1・2年ダンス<やってみよう、How Far I’ll Go~>

 

 

 

 

 

 

*団体種目と熱の入った応援

 

 

 

 

 

 

*5・6年生の組体操「生きる」

 

ページの先頭にもどる

紅白対抗の意識が高まる<全校練習>

9月13日(水)

秋空が広がってくれたおかげで一日遅れでしたが「全校練習」を行いました。応援合戦、大玉送りと紅白対抗の練習が始まったので、子どもたちも暑さを吹き飛ばすかのように練習に熱が入ってきました。

<全校練習の様子>

ページの先頭にもどる

雨ニモマケズ、風ニモマケズ<応援練習>

9月12日(火)

予定されていた全校練習が雨のため延期され、応援練習のみ体育館で行いました。運動会練習も2週目となり、ずいぶんと紅白で気持ちの入った練習となっています。各応援団長の気合いも少しずつですが声の張りと大きさに表れてきました。赤も白もがんばれ!

<熱の入った応援練習の様子>

ページの先頭にもどる

みせる準備体操を目指す<運動会練習>

9月8日(金)

全校体育は、雨のためにぬかるんでしまったグランドで練習ができないため、体育館で「準備運動」の練習をしました。激しい動きの体操なのでしっかりと腕が伸びていなかったり、腰を曲げていなかったりしている細かなところをチェックしながら練習しました。練習を重ねるたびに、リズムに乗って激しい動きになれ楽しみながら運動できるようになっています。

<準備運動の様子>

ページの先頭にもどる

梶曲輪の桜の種まき(3年明組)

9月7日(木)

花ふぶきの会(桜保存会)の方々に教えていただきながら、3年明組の子ども達「梶曲輪の桜」の種まきをしました。700年前に植えられた「梶曲輪の桜」について保存会の平沢会長からお聞きした後、花ふぶきの会の皆さんに種のまき方教えていただき、一人5粒ずつプランターに蒔きました。手入れがよければ来年3月頃には芽が出るそうです。そして、3年後の6年生にの卒業式には苗をプレゼントされます。7年くらい成長すると花が咲くと教えていただき、自分達が高校生になるころだと、自分の成長と合わせて花の咲くのを楽しみしていました。

<花ふぶきの会の方々との種まきの様子>

 

ページの先頭にもどる

紅勝て!白勝て!<応援練習>

9月6日(水)

運動会に向けた応援練習が始まりました。3年生以上の子ども達による紅白の応援団が結成され、気合いの入った練習が繰り返されています。初めて参加する1年生も、多彩なバージョンの応援の仕方に驚きながらも、お兄さんお姉さんの気迫に負けないよう声を出したり、手拍子をしたりして練習に打ち込んでいます。応援合戦は得点種目です。当日は、さらに校庭がヒートアップしていくでしょう。

<応援練習>

 

 

 

ページの先頭にもどる

朝から気持ちの入った運動会練習

9月5日(火)

朝から視聴覚室で「応援団」の運動会練習が始まり、大きな声が校舎に響いています。校庭では、リレー選手がバトンを渡す練習や走力を高める練習を積んでいます。体育館では、全校ダンスで見本を見せてくれる6年生が練習をしています。もちろん中心になって活躍しているのは、最高学年の6年生です。全校体育では、全校ダンス「校歌ダンス」を覚えました。6時間目には、第1回運動会児童係会が開かれ、運動会に向けて全校が動き出しました。

<応援団練習>

 

 

 

 

 

 

<全校ダンス練習>

ページの先頭にもどる

運動会練習はじまる<運動会特別時間割開始>

9月4日(月)

9月23日(土)の運動会に向けた練習が本格的に始まりました。今朝は、リレー選手の練習と全校で「運動会の歌」を歌いました。朝から校庭を元気よく駆け回る子ども達、全校で紅白に分かれて力一杯歌う子ども達。「自分の持てる力を出し切って精いっぱい表現する」「集団で力を合わせてきびきび行動する」を初日から運動会のめあてを達成している子ども達です。

<朝練習に取り組むリレー選手>

 

 

 

 

 

 

 

<運動会の歌を熱唱する全校児童>

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->