校章

飯田市立下久堅小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2603 飯田市下久堅知久平940-1 TEL 0265-29-8003 FAX 0265-29-8124
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2021 年 9 月 のアーカイブ

オンライン授業に挑戦しました

本日、全てのクラスでオンライン授業に挑戦しました。午前3時間授業を行い給食を食べた後、13:00に下校した子どもたちはPC端末を持ち帰り、14:15から各家庭で入室を開始し、14:30からオンライン授業を受講しました。1・2年生は学級活動や学習プリント、そして3~6年生は教科学習を中心に、担任の先生やお友だちの顔を互いに画面越しに見合いながら授業を行いました。新型コロナウィルス感染症の状況によって、休校によるオンライン授業も必要となります。今日は、そのような時にどのようにオンライン授業を実施したら良いかを確かめるよい機会となりました。いざという場合に備え、オンライン授業を行える準備もしっかりと行っていきたいと思います。

ページの先頭にもどる

運動会を行いました

本日、台風一過の好天のもと運動会を行いました。今年の運動会は新型コロナウィルス感染症拡大予防のため、昨年度以上に制限を設けた中での実施となりました。競技は1・2年生、3・4年生、5・6年生ごとの連学年に分散して実施し、保護者の参観も各家庭2名までと制限した入替制としました。入口ではPTA役員の皆さんが検温で参観者の健康チェックを行いました。そのような中でも、子どもたちは練習してきた成果を精一杯発揮し、全力で、真剣に、そして笑顔で競技していました。多くの皆さんに支えられ、今年も思い出として心に残る素敵な運動会になりました。

ページの先頭にもどる

運動会前日準備をしました

本日、4年生・5年生・6年生が各係に分かれて運動会前日準備をしました。当初予定していた明日の運動会は、台風14号の影響で明後日に1日順延となりました。今日の準備はグラウンドを使用せずに、校舎内だけでやれるだけの準備となりました。各係ごとに物品の運搬や当日のリハーサルなど、2日後を想定した準備をすることができました。明後日の運動会は、台風一過の好天のもと、心地よい運動会になって欲しいと思います。

ページの先頭にもどる

3年生が梶曲輪の桜の種を蒔きました

本日、下久堅桜保存会の皆さんに教えていただきながら、3年生が梶曲輪の桜の種をプランターに蒔きました。6月にひろった種は水に浸しておき、果肉を取り除いて乾燥させておきました。プランターに培養土を入れ、一人一人が種を均等に蒔いて土をかぶせ、校舎近くに移動させてからたっぷりの水をあげました。今日から当番が水やりを交代で行い、芽が出るのを待ちます。そして、育った苗木は卒業式にプレゼントされ、一人一人が家に持ち帰ります。

ページの先頭にもどる

運動会に向けてがんばっています

来週9月18日は運動会です。新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、1・2年生、3・4年生、5・6年生の競技ごとに保護者の参観を各家庭2名までとし、入替制で行います。また、入口3カ所では健康チェック表の提出と検温を実施します。昨年度に引き続き、制限のある中での運動会となりますが、子どもたちは運動会に向けて、各種目の練習に励んでいます。今年も、子どもたちにとって思い出に残る運動会にしたいと思います。

ページの先頭にもどる

信州型UDの職員研修を行いました

本日、放課後の時間に信州型ユニバーサルデザインに関わる職員研修を行いました。講師として南信教育事務所飯田事務所から主任指導主事の先生をお招きし、「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業改善について演習も行いながらお話をしていただきました。先生方は、全国学力・学習状況調査の算数の問題を解いてみたり、道徳科の教材について自分の考えを述べたりしながら、「深い学びがどのようにして生まれるのか」「対話とはどのようなことななのか」等について質疑応答や意見交換をしながら理解を深めました。今回の研修を、明日からの授業実践に活かしていきたいと思います。

ページの先頭にもどる

本日、全校で地震総合防災訓練を実施しました。

本日、大地震が発生したときの対処の仕方や安全な避難方法を身に付けることと、児童を保護者へ確実に引き渡すことをねらいに防災訓練を実施しました。地震発生時には全員が机の下にもぐり、机の脚をしっかりとつかんで退避行動をとりました。地震がおさまると担任の誘導で体育館に避難し、地域の防火・防犯部長さんや校長先生からの講評を聞きました。そして、迎えに来た保護者の皆さんに児童の氏名を確認しながら、体育館の外で引き渡しを実施しました。大地震発生時の対応について、児童・教職員・保護者で確認しあうことができた訓練になりました。

ページの先頭にもどる

5年生が知久平地区の御柱祭について学習しました

本日、5年生が知久平地区の御柱祭について、地域の方からお話をしていただきました。はじめに5年生が田植えをした水田に行き、この水田のもち米を収穫した後の藁が御柱の曳き綱として使われることを教えていただきました。そして、そのことを示す「御用田」という立て看板も設置しました。その後、場所を異動して、知久平地区の御柱祭の様子や歴史などについて、資料なども見ながら説明していただきました。来年の御柱祭がとても楽しみになりました。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->